« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月30日 (木)

バラバラ解体

一番売れている(らしい)文法書。NextStage。

文法は予備校のテキストを使っていて、これは学校採用なので持っているけど、なんか、こう、分厚くていまいちやる気にならないというか?。持ち歩きにくいしSa3b0061

そんなわけで、バラバラにしてしまった(笑Sa3b0062

で、黒くなったSa3b0074

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

World History

Img_0324

ジャーナリスト池上彰氏の「そうだったのか!現代史」

町田での夏期講習の世界史講師がオススメしていたので夏に買った本。北朝鮮や中東、冷戦構造やインド等、世界大戦後の現代史を分かりやすく解説している。

現在の入試ではこの「現代史」が結構問われるそうだ。もしかしたら、これは一般常識の範囲に入るのかもしれない。

しかし、これを読むと改めて自分の無知さに気づくのである(笑。

そもそもブッシュのイラク侵攻を2001年の同時多発テロの報復だったとつい最近まで思っていたのですから・・・笑。

それと、ベルリンの壁を「東西ドイツの国境線」だと思っていたのである。

やっぱりまだまだ勉強が足りないのである(笑。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

study or work

中学校までの義務教育は、『やらされている』という気持ちがあり、高校受験もなんとなく受けたようなもので、当然『勉強とは何か』考えたことはただの一度もありませんでした。

高3となると、大学受験を意識するようになり、4月よりようやく勉強を始めました。

今までろくに勉強してこなかった訳ですから、勉強することが何なのかさっぱり分からず、受験の為、将来には何の役にも立たないのになんでこんなことやるんだろう等とと思っていました。

しかし勉強を始めてみると、『日々目標に向けて勉学に励む』というただそれだけの行為によって、物の見方、というか世の中の見方がなんとなく今までと違って見えてきたような気がします。

僕は文系なので英語、現代文、古文、世界史を受験で使うのですが、特に世界史を勉強することによって教養が身に着いた(ような気がします)

そうすることによって、高校入りたての頃より、『考えること』ができるようになりました。

【ああ、勉強するってカッコいいことなんだ】

と、ようやく気づいたのでありました。

見渡してみれば、仕事の出来る人や頭のいい人はみんな勉強してるんですね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »