« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月11日 (木)

突っ走るだけ

パソコンの画面を見ていたら突然酔いました(笑。意味が分からん。

もうちょっとこのブログカッコよくしたいな~と最近思います。

文章能力に欠けているので田舎丸出しです(笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

というわけで、

本日昼頃に退院いたしました。
これからは本業に従事したいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

time gose by

皆様ご無沙汰しております。

ブログに書こうか書くまいか思案していたのですが、更新を止めているわけではないのでしばし私の近況を…


左ときたら…
右ですね

私はブログ歴5年でありまして、その当時から読んでいただいている方には分かっていただけるかもしれませんが、左胸で『自然気胸』という病気を5回やっています。肺に穴が開き空気が漏れてしまう病気なのですが、胸にチューブを差し込み肺を膨らます治療が行われまが、この場合治っても再発率50%。手術をして、穴の開きやすい箇所を切除すれば再発率は3%以下。

私の場合、中3の4月に最初に発症
1回目・自然治癒(4月)
2回目・自然治癒(7月)
3回目・ドレナージ(10月)
4回目・自然治癒(1月)この時は入試とぶつかった

こんなにやっているのにどうして手術せずにいたのかといえば、入院していた病院が気胸の手術をしていなかったこともありますし、手術してリスク(多少ですが)を負うよりとりあえず治して様子を見ようと考えていました

が、5回目。高1の時。
もういい加減頭に来たので(笑)手術しました。
それ以降2年間音沙汰無し。


一件落着…に見えますね。私もそう思っていました。一週間前までは…(笑)。

いまの話は全て左胸の話。
9月1日
右胸に気胸のような苦しみ。
翌日レントゲン…
気胸発覚…


決断はすぐでした。
左胸の前例から言って、手術しなければ必ず再発するのが分かっています。

9月3日
夕方にたまたま手術が出来るそうなので入院即手術。

全身麻酔のかかる瞬間の泥のような眠気で気を失い、

全身麻酔から覚めるとICUの中。手術は無事成功。傷が痛む。しばらく寝たきりなのでしんどい。

9月4日
昼頃ようやく起きあがれるようになり、一般病棟へ。

9月5日
ドレーンのチューブが猛烈に痛む。中でも肺がチューブと擦れあっているらしい。横隔膜を刺激しているようだ。
この時経験した痛みは人生史上最大だった(笑)

本日
レントゲンによると肺が元の状態に膨らんだようなのでドレーンを抜いてもらう。
身軽な体に感激(笑)。

今に至る


退院は明日できるようです。
ブログのネタとして?自分の記録として?書き留めてみました。


気胸をご存じの方は多いかと思いますが、原因は不明です。
ただ傾向として、
『痩せ形、長身、脚長、ハンサム、若い、男性』に多いようです。
ん、半分はハンサムと脚長は余計か(笑)。

しかし病院の飯は…(;_;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »